« 発毛外来に行くべきか、それとも自力での発毛を目指すべきか・・ | ホーム | 円形脱毛症は発毛剤や育毛剤で効果が出るのか? »

2015年12月25日

育毛と発毛の違いとは?それぞれどのような薬が効果的なのか・・

発毛と育毛を同じような意味で使用する場合がありますが、実は同じではなくそれぞれ違う意味があり使う薬も違うのできちんと分けて考えたほうが良いようです・・どちらも髪が抜けやすくなり髪が薄くなるような印象がありますが、違いを知ることで育毛剤と発毛剤の使い方やどちらが必要なのかも分かるはずです。

育毛とは今ある髪を育て抜けにくくすることで、最近髪が抜けやすくなってきた髪が伸びないと感じる人にはこの育毛が必要なのです!年齢ともに髪は細くなりシャンプーのたびに今までよりも抜け毛が多く排水溝が詰まりや少なる人が多く、ボリュームがなくなるためペタンとした髪型になってしまいがちです。その場合はシャンプーや育毛剤を使って頭皮環境を整え十分な栄養が毛根に行きわたるようにするだけで抜け毛が減り髪のボリュームが戻るケースが多いのです。

発毛とは髪が抜けてしまい一部分または全体的に髪がなくなってしまった人に必要で、髪があるべきところにない場合はそこに再びなくなった髪を復活させるのが目的になり、多くの場合はAGA治療が必要になり病院での薬の処方や市販ではリアップに含まれるミノキシジルが効果的だと言われています。発毛に使われる成分は副作用の心配がある物が多く勝手に乱用してしまうと重篤な症状が出る場合があるため、ほとんどの薬は医師の判断せ処方され持病や服用中の薬があると使用できない場合もあるので、注意しなくてはなりません!

最近はAGA治療も進んでいるため今まで諦めていた薄毛の人に髪の毛が復活する可能性もあります!消極的だった性格がガラッと変わり明る前向きになる人もいるはずです。また、どちらの場合も薬に頼ってばかりでは効果が出にくく生活習慣や食生活、飲酒や喫煙など頭皮環境を悪化させる可能性があることを避け、血流を良くする生活を心がけなくてはどんなにいい薬を使っても効果が半減、または出ないことがあるので自分自身が変わることも大切なのかもしれませんね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.krapz.com/mt-tb.cgi/1

コメントする

このブログ記事について

このページは、supercareが2015年12月25日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「発毛外来に行くべきか、それとも自力での発毛を目指すべきか・・」です。

次のブログ記事は「円形脱毛症は発毛剤や育毛剤で効果が出るのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。