育毛の最近のブログ記事

2015年12月25日

育毛と発毛の違いとは?それぞれどのような薬が効果的なのか・・

発毛と育毛を同じような意味で使用する場合がありますが、実は同じではなくそれぞれ違う意味があり使う薬も違うのできちんと分けて考えたほうが良いようです・・どちらも髪が抜けやすくなり髪が薄くなるような印象がありますが、違いを知ることで育毛剤と発毛剤の使い方やどちらが必要なのかも分かるはずです。

育毛とは今ある髪を育て抜けにくくすることで、最近髪が抜けやすくなってきた髪が伸びないと感じる人にはこの育毛が必要なのです!年齢ともに髪は細くなりシャンプーのたびに今までよりも抜け毛が多く排水溝が詰まりや少なる人が多く、ボリュームがなくなるためペタンとした髪型になってしまいがちです。その場合はシャンプーや育毛剤を使って頭皮環境を整え十分な栄養が毛根に行きわたるようにするだけで抜け毛が減り髪のボリュームが戻るケースが多いのです。

発毛とは髪が抜けてしまい一部分または全体的に髪がなくなってしまった人に必要で、髪があるべきところにない場合はそこに再びなくなった髪を復活させるのが目的になり、多くの場合はAGA治療が必要になり病院での薬の処方や市販ではリアップに含まれるミノキシジルが効果的だと言われています。発毛に使われる成分は副作用の心配がある物が多く勝手に乱用してしまうと重篤な症状が出る場合があるため、ほとんどの薬は医師の判断せ処方され持病や服用中の薬があると使用できない場合もあるので、注意しなくてはなりません!

最近はAGA治療も進んでいるため今まで諦めていた薄毛の人に髪の毛が復活する可能性もあります!消極的だった性格がガラッと変わり明る前向きになる人もいるはずです。また、どちらの場合も薬に頼ってばかりでは効果が出にくく生活習慣や食生活、飲酒や喫煙など頭皮環境を悪化させる可能性があることを避け、血流を良くする生活を心がけなくてはどんなにいい薬を使っても効果が半減、または出ないことがあるので自分自身が変わることも大切なのかもしれませんね。

2015年12月24日

女性の薄毛にはどのような育毛剤が効果的なのか?

最近は女性でも堂々と育毛剤を購入できるようになりましたが、少し前までは育毛剤や発毛剤は男性のものというイメージがあり、女性用の育毛剤はそれほど種類がなかったようです。

しかし、最近は通信販売でもかなり多くの女性用育毛剤が発売されていて、自分の症状に合った商品を選ぶことができるようになりました!男性の場合は男性ホルモンの影響で抜け毛がうふぇるAGAが多いのですが、女性の抜け毛は原因が様々で無理なダイエットや食生活、喫煙やストレスで髪が抜けることもあります。また、ホルモンの影響も大きく妊娠、出産、更年期など急にホルモンバランスが崩れることで抜け毛が増えることがあります。このような女性の抜け毛はまずは原因を突き止めることが重要で、それに合った育毛剤選びが必要なのです。

女性用の育毛剤はたくさんあるのですが、老化が原因の場合は頭皮環境を整えることが大切なのです!そのためには頭皮の血流を改善し毛根まで十分な栄養を行きわたらせる効果が期待できる育毛剤選びが必要で、冷え性や血流が元々悪い人はからだ全体を温め血流を促す運動や食事も大切なのです。30代半ばになると少しずつ抜け毛が増えいつもの分け目がやけに目立ったり、髪の間から頭皮が透けて見える場合があり、放置するとどんどん薄くなってしまいます。しかし、このような女性の薄毛は男性に比べてきちんとしたケアで改善することが多いので、早く気づいてケアを始めることが大切なのです!

あまりにも急激に抜け毛が増えたり薄毛が進行している場合はセルフケアでは追いつかないことがあるので、発毛外来などのクリニックで適切な治療を受けたほうが良いかもしれません・・誰にでも起こる老化とは言え、できれば歳をとってもボリュームがあるきれいな髪をキープしたいと思いますよね!自分が使いやすく効果的だと思う育毛剤を見つけて早めにケアをはじめましょう!

育毛剤でも効果がなかったとするとやはりクリニックに行くべきでしょう。となると、やっぱり選ぶべきは東京ビューティークリニックです!

2013年7月 4日

髪の発育に効果的な亜鉛を日頃から摂取するには・・・

亜鉛は体全体のDNAやたんぱく質の合成に関わっている大切な栄養素です。年齢や性別に関係なく、亜鉛を日常の食生活で摂取することは、健康と美を保つために欠かすことが出来ません。しかし、実際にどんな食べ物を摂取すれば亜鉛を摂ることができるのでしょうか?意識していないという人も多いと思いますが、今回は亜鉛を効果的に摂取する方法を紹介するので参考にしてみてくださいね!

images.jpg

亜鉛は数多くの酸素の成分で、体の代謝と関わっている重要なミネラルです。亜鉛は魚介類や肉などの動物性食品に多く含まれています。植物性食品では、ナッツ類や豆類に含まれています。

亜鉛が豊富に含まれている食べ物の代表と言えば、牡蠣です。牡蠣を1日に5個から6個食べることで1日の摂取量を摂ることが出来ます。

また、カニにも亜鉛が含まれていて、低カロリーな食材で、亜鉛だけでなくカリウムやカルシウム、ビタミンB群なども摂取することが出来ます。

肉類では、牛肉がお勧めできます。牛肉は食べ過ぎに注意は必要になってきますが、亜鉛やタンパク質が豊富で手軽に摂取できる食材でもあります。

ブタレバーもお勧めできます。亜鉛の他に、鉄やビタミンB群が入っていて、日常の食事に上手に取り入れることにより、亜鉛を摂取することが可能です。

また、乳類もお勧めで、手軽に食べることができるのですが、過激摂取することで塩分の摂り過ぎになってしまうので、注意しましょう。

亜鉛を摂取することにより、体の成長や肉体、発毛サポートなど、傷の回復を早めることができて、髪や肌、爪などにもかかわっていると言われています。

亜鉛が不足することにより、体調不良や髪の悩みなどを抱えてしまうことがありますので、日常の食生活の中で適度に摂取するようにしましょう。

逆に取り過ぎも注意が必要で、様々な体調不良を招いてしまうこともあります。きちんと過剰な摂取ではなく、摂取量を守ることが重要なポイントになってきます。

また、外食などが多く、亜鉛を摂取することが難しいという方は、サプリメントなどを上手に愛用することがお勧めできます。しかし、病院に定期的に通っている人や疾患がある人、抗生物質の吸収を妨げとなってしまうこともありますので、サプリメントを愛用する際には、医師に相談するようにしましょう。

野菜嫌いの人は神仙桑抹茶ゴールドで野菜をとろう!

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち育毛カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは育毛剤です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。